2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のEOB プリモビスト EOB Primovist of the Day

今日のEOB プリモビスト EOB Primovist of the Day
57才男性 慢性肝疾患+血管腫で経過観察中

ser804img00020.jpg
ser014img00050.jpg


肝内には多数の低信号結節
嚢胞は、やはりかなり低信号にみえる
ので診断は慣れてくれば容易でしょうね。

血管腫は、Periphral nodular enhancement が
CTの時のように強めに濃染しないので
このように苦しいときがあります。

120秒後まで丹念にみて
Periphral nodular enhancement
の形状を何とか捕まえていくしかないですね。

T2WIは比較的高信号だった。
拡散強調像で高信号が
造影後にやや信号強度が低下
しているとは視覚的にはわかりずらいです。
信号測定により低下が疑われますが。

診断:Hemangioma 血管腫 by イチロー

EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら



スポンサーサイト

今日のEOB プリモビスト EOB Primovist of the Day

今日のEOBプリモビスト  EOB Primovist of the Day

50M

肝細胞相にて多発する小さい低信号結節

幸いT2WIで高信号
ダイナミック造影でPeripheral nodular enhancement あり
比較的診断しやすい

しかし、拡散強調像で高信号を示し
ADC値もやや低めの1.44

過去画像との比較 が診断手法の中では
もっとも自信を持って判断できました。

肝細胞相
ダイナミック
T2WI


診断: Hemangioma 血管腫 by イチロー

EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら


Today's acute abdomen

今日の急性腹症 Today's acute abdomen 今日は、EOBプリモビストなし No EOB primovist

79才 男性
下腹部痛にて来院

単純写真にて右横隔膜下に腹腔内遊離ガスあり
CT施行
CT上腹腔内遊離ガス多数
上腹部に遊離ガス多いが、
胃壁や十二指腸壁肥厚はなし。

下腹部S状結腸壁肥厚、小腸(回腸壁肥厚)
みられ、周囲には膿瘍形成

非常に臨床所見が軽微で

臨床的には下部消化管穿孔をあまり疑えず
CTが重要。


CTser004img00057.jpgCT


便塊らしき所見が結腸外にみられず、やや診断苦慮
丁寧に腸管を追っていくことが重要でした。

診断: S/C cancer + perforation

でした。

by イチロー



今日のEOBプリモビスト

今日のEOBプリモビスト EOB Primovist of the Day


2人目の患者様80才男性の方

膀胱Ca.術後、肺、骨転移の方
転移スクリーニングの超音波にて肝S3
にSOLを指摘された。

以前のCTではSOLなし。


今回の撮像は、
3m/秒、EOB5.8ml と
生理食塩水50ml後押し
の注入速度一定法で施行

撮像タイミングは
テストボーラスにて
大動脈到達時間は、18秒
従って、撮像開始時間は

18秒+10秒-6秒(全肝撮像時間の半分)
=22秒となり
注入後22秒より撮像開始。

これでは早期動脈相の撮像タイミングが早い
印象か。

Dynamic MRI early arterial phase: 少し早めか


転移は、非常に診断しにくい。
明瞭なリング状濃染ともなっていない
(原発巣の性質?それともメタがこうなる?)

しかし、境界不鮮明、前回ない
US所見、T2WIの所見
を考慮して

診断可能です。

一番重要だったのは、前にないことです。

肝細胞相でばっちり低信号になっています。
10分ではやや濃染していて不明瞭な感じがします。
やはり15分は最低必要と思いますね。

EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら

今日のEOB

今日のEOBプリモビスト EOB Primovist

本日は、B型+アルコール性慢性肝炎の50才男性

肝S3にRFA後のViabilityないSOL
他部位にSOLなし

ダイナミック造影では、注入時間(23s)一定、注入スピード2m/秒になる

46ml生理食塩水希釈(7.8mlの造影剤含む溶液)+生理食塩水20ml追加注入法

にて施行。動脈相は27秒スタートだったが
これでも動脈早期相が早い印象で
動脈のみ描出。

Viable HCCなしで
治療後HCCも濃染なし

だったが、2番目の動脈相の方がHCC検出には
よかった印象。

今日のEOBプリモビストser902img00013.jpg


EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

プロフィール

画像診断プロモーター イチロー

Author:画像診断プロモーター イチロー
放射線専門医
プリモビストの秘訣を無料で盗みたい方は、こちらから
市川先生との単独インタビュー

このブログは、臨床で活躍されている放射線医師、画像診断医、臨床医、診療放射線技師の方々のために、CTとMRIを中心としたあらゆる情報を共有することを目的としています。最近発売になって話題となっているEOBプリモビスト情報を主体に肝臓のMRI,CT、乳腺画像診断(MR mammography およびmammography)、急性腹症、頭部CT,MRI等その日に経験したホットな話題を提供していきます。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's EOB (10)
Today's Acute abdomen (14)
インターネット (1)
頭頸部 (2)
Lung CT (5)
乳腺 (12)
Ginecology 産婦人科 CT MRI (1)
Chest MRI (1)
頭部MRI BrainMRI (1)
RI image (2)
消化管系:CT, MRI、注腸 (1)
Abdominal CT 腹部CT (3)
つれずれ (3)
術後合併症 (0)
術後CT, MRI (1)
文献 (4)
若い臨床医のコンサル (1)
Skeletal (2)
肝・胆・膵 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。