2008-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、乳腺画像診断、マンモグラフィの基礎です。

今日は、乳腺画像診断。マンモグラフィの基礎の講義。

今日も、ある著名乳腺MRI診断のエキスパートからPPスライドのご提供を受けています。
ありがとうございます。

その動画は、これです。



ご静聴ありがとうございました。

Key Word: カテゴリー分類、境界明瞭平滑、カテゴリー3、線維腺腫、嚢胞、スピキュラ、spiculation, 中心コア、浸潤性乳管癌、放射状瘢痕、硬化性腺症、構築の乱れ、architectural distortion、乳腺実質縁の局所的引き込み, retraction, ゆがみ(歪み)、distortion, DCIS

by Ichiro

私は乳腺の画像診断には興味がなく
EOBプリモビストについて知りたいという先生は

EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら
スポンサーサイト

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日もEOBプリモビストMRIではなく、精神病院入院中の59才女性

今日もEOBプリモビストMRIではなく、
精神病院入院中の59才女性


右臀部痛、腰痛、下肢腫脹を主訴に紹介

単純CTでわかりますでしょうか?異常は?

Abdominal CT plain1
Abdominal CT plain2

考えられる診断名はなんでしょうか?

今日はここまで

by Ichiro

答えは、こちら

http://medicaldirect.blog94.fc2.com/blog-entry-39.html

今日もEOBプリモビストMRIではなく、腹部のCT症例です。

今日もEOBプリモビストMRIではなく、腹部のCT症例です。

55才 男性

スパイクフィーバー
ALP1200台と上昇
腹水貯留精査目的にCT撮像された

ちなみに単純写真を胸部、腹部の順に提示します。

胸部単純写真
Chest plain select1
腹部臥位単純写真
Plain Ab selct1

造影CT
CT blog up 用1
CT blog up 用4
CT blog up 用6


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて診断はいかがでしょうか?

by Ichiro

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

75才、女性、大腸癌 深達度は?

今日は、EOBプリモビストではありません。

75才女性。
従来から便秘症。
近医にて内視鏡を施行したところ

近医の内視鏡

CFネット用

上行結腸に隆起病変認め、注腸を
Barium select1

CT施行

CTselect2.jpg
腫瘤の存在する部位は外方突出?けばけば(spiculation)は、炎症もありうるが、、、

病理マクロ
病理マクロ標本ネット用

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

答え  II型進行大腸癌(MP以深、SSもあるかも)の術前診断のもと手術施行。

大腸腺癌、粘液産性の部分もあり
病理での深達度は、SSでした。

注腸は、真側面ではないですが、台形状変形にてMP以深進展
CTでの腫瘍部の壁外の脂肪組織のけばけばと突出?は、SS浸潤を疑わせます。
ただし、下記4の論文では、けばけば=spiculationと称して、T3の判断基準と
していません。あくまで、腫瘤の壁外方への凸状の部分をもってT3としています。

CTによる大腸癌の壁深達度に関しては、T2以下とT3およびT4の鑑別が可能であるかを評価する報告では、MPRを含めた正診率は、75-95%。しかし、腸管壁外に描出される繊維性の炎症性変化と腫瘍浸潤との鑑別が難しい場合が存在します。


Key word:大腸癌、大腸腺癌、dirty fat sign, II型大腸癌、注腸、内視鏡、MP以深、
SS浸潤
本日の症例提示の目的は、CTでの深達度診断でした。
あとは、なかなか、内視鏡と病理マクロとを照らし合わせることが少ない放射線科医、技師
むけに提示しました。

参考文献

1.消化器画像診断ガイドライン

2.松本充、金澤秀次、金本高明、他:マルチスライスCTによるMPRを用いた大腸癌の深達度診断.総合臨床. 53(12):3163-3168,2004
3.Matsuoka H, Nakamura A, Masaki T, et al:A prospective comparison between multidetector-row computed tomography and magnetic resonance imaging in the preoperative evaluation of rectal carcinoma.American Journal of Surgery.
4.Filippone A, Ambrosini R, Fuschi M, et al:Preoperative T and N staging of colorectal cancer:accuracy of contrast-enhanced multi-detector row CT colonography-initial experience.Radiology.231:83-90, 2004.http://radiology.rsnajnls.org/cgi/reprint/231/1/83

by Ichiro

今日の EOB プリモビスト MRI は?

今日の EOB プリモビスト MRI は? EOB Primovist of the Day.

61男性、肝癌治療後、再発疑い

肝S5のHCCに対して過去にRFAによる治療歴あり。

ダイナミック造影21s

ser801img00014.jpg

ダイナミック造影34s
ser802img00014.jpg

ダイナミック造影120s
ser804img00014.jpg

肝細胞相20分
ser014img00049.jpg

拡散強調像
ser009img00006_20080825184924.jpg

肝細胞相20分
ser014img00034.jpg

肝細胞相20分矢状断
ser1400img00070.jpg

ダイナミック造影34s
ser802img00008.jpg


さて、2種類の結節があるのですが、、、
どのように読影していったらよいでしょうか?

今日はここまで。

by Ichiro

2008年8月29日に回答記載

まず、最初の病変
 S8の結節は、動脈優位相で濃染し、34秒のところでコロナ濃染様のリング状濃染
120秒でwash out してきます20分後の肝細胞相にて低信号、拡散強調像で高信号,
を示し、典型的な多血性肝癌です。

もう一つは、やはりS8ドーム下の病変で肝細胞相で低信号に抜けているのですが、
ダイナミック造影早期で濃染していません。21秒のところでも濃染ありませんでした。
他の撮像シーケンスでも描出されていません。
これは、市川先生のお話によると、早期高分化型肝癌 ということになります。
多血化とならないかどうかをチェックしなければならない病変です。


以上です。

by Ichiro

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

本日もEOBプリモビストではなく、乳がん、乳腺の画像診断です。

本日は、乳がんのカテゴリー分類について

ある、乳腺MRIのエキスパートから症例のご提供をいただきました。
ありがとうございました。



by Ichiro

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日もEOBプリモビストMRIではなく、稀な症例です。77才男性。右胸水貯留。

今日もEOBプリモビストMRIではなく、

比較的稀な症例です。77才男性。右胸水貯留。


77才 男性 腎不全、腹膜透析中の患者様

胸部CT

Chest CT select1

腹腔シンチグラフィが施行されました。

20分 RI
40分 RI
60分 RI

はい、もうおわかりですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

答え:腹膜透析の際にみられる胸水の鑑別診断に行われた腹腔シンチグラフィ
にて右胸部にRI集積が時間とともにはっきりしてきています。

こういう患者様は、腹腔と胸腔に先天的に何らかの交通があり大量の
透析液を腹腔内に注入することでそれが顕在化したものと考えられています。

同様の減少は、肝硬変で大量腹水を生じた場合にも出現することがあります。

この腹腔シンチグラフィは、腹膜透析時の理由のわからない右胸水の出現の際に
行われることがあります。

方法は、透析液にMAAないし99mTc-コロイドを加えて腹腔内に注入して
経時的に上記のように撮像することで診断できます。

by Ichiro

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日はEOBプリモビストではなく、子供の頭のMRIです。

今日はEOBプリモビストではなく、子供の頭のMRIです。

現在6才ですが、
供覧画像は
生後1ヶ月の頃の画像です。

T1WI 2スライス

ser003img00009.jpg
ser003img00010.jpg

T2WI 2スライス

ser002img00020.jpg
ser002img00022.jpg

さて所見はいかがでしょうか?

そして診断は?

-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
hint
てんかん、精神遅滞、顔面血管線維腫
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
hint
さらに、腎血管筋脂肪腫
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
答え: 結節性硬化症

側脳室壁に上衣下結節を疑う
T1WI 高信号、T2WI 低信号の小結節が見られます。
これは、良性の過誤腫です。
時に上衣下結節から巨細胞性星細胞腫が発生することもあります。

by Ichiro

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日は、EOBプリモビストMRIではなく、縦隔画像です。

今日は、EOBプリモビストMRIではなく、縦隔画像です。

79才、女性。胸部単純写真で縦隔腫瘤を指摘。

単純写真は?
PA
Chest PA select

側面像
Chest lateral select

MRIシリーズ

T1WI
T1WI select 1

T2WI
T2WI select1
T2WI Sagittal
T2WI sagi select2

拡散強調像 B=700
Diffusion select1

ADC
ADC map select1


さて、診断は?
簡単と思った先生。

では、この症例の今後の方針はどうしますでしょうか?

1.経過観察
2.胸腔鏡手術
3.開胸手術
4.化学療法

いずれでしょうか?






診断は、胸腺腫です。
境界は比較的明瞭であり、やや分葉化がみられますが、
明瞭な囊胞成分は認めず、隔壁もやや不明瞭です。
ただし、やや不整な部分もあります。
CTが呈示されていないので石灰化はわかりません。

胸腺腫を誤解しないようにしなければいけないんですが、
名前が、おとなしい感じの病名なので
おとなしい病気と勘違いしている先生がたまにいらっしゃいます。

これは、Malignancy ですので絶対に手術です。
ご注意ください。
そして、取り残さないようにしなければならないので
絶対に開胸手術です。

ですから、前縦隔に充実様の病変を単純CTで見かけたら
けっしてフォローアップしてくださいとは記載せず
造影前後のCTを撮像して、造影されるか否か
を判定しなければ成りません。

ちなみに当院は胸部MRIを行っています。

胸腺腫はがんと考えてくださいね。
誤解のないように。

ちなみに
胸腺腫のWHO分類(WHO 2004) WHO classification of thymomas

http://immuno.med.kobe-u.ac.jp/ThymomaWHO/ThymomaWHO.shtml

見てみてください。
悪性の度合いが type A, AB, B と行くにつれて悪くなるだけで
もともと胸腺腫は悪者です。

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日のEOBプリモビストMRI EOB Primovist MRI of the Day.


今日のEOBプリモビストMRI EOB Primovist MRI of the Day.

本日の症例は、

77才、男性、胸部CTで肝に腫瘤を指摘。
精査目的にEOB プリモビストMRIが施行された。

胸部CTの上腹部のうつっているレベル

ChestCT

肝S2にSOLを指摘された。

さてEOBはどうでしょうか?
選択するのは、本当は、Gd-DTPAなのでしょうか?

まず、EOBプリモビスト投与前T2WI

ser003img00006.jpg

Opposed phase
ser004img00011.jpg

Inphase
ser004img00012.jpg

造影剤投与前拡散強調像
ser009img00006_20080818000739.jpg

造影剤投与後拡散強調像
ser012img00006.jpg

ダイナミック造影 2ml/s 注入スピード、20ml生理食塩水追加投与時
造影前
ser600img00014.jpg

ダイナミック動脈相:27秒(コントラスト決定時間=Kスペースの中心)、21秒スタート
ser601img00014.jpg

ダイナミック動脈相:40秒(コントラスト決定時間=Kスペース中心)、34秒スタート
ser602img00014_20080818001510.jpg

180秒
ser604img00014.jpg
180秒でも、徐々に濃染してきます。

造影剤投与後5分(EOB初期のころで5分をとっていました)
ser007img00014.jpg

肝細胞相10分
ser010img00014.jpg

肝細胞相20分
ser013img00045.jpg

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

診断: 血管腫

典型的な血管腫のパターンです。
これは、診断に苦慮しないですね。

ちょっと注目すべきは、拡散強調像での造影前後の腫瘤の信号ですね。
市川先生が話されていたようにやはり、投与後腫瘤の信号は低下しています。
したがって、血管腫の可能性が示唆されます。

しかし、ダイナミック造影で十分診断可能な
Periperal nodular enhancement が出現しています。

では。今日は、簡単すぎました。

by Ichiro

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日のEOBプリモビストMRI  EOB Primovist MRI of the Day

今日のEOBプリモビストMRI  EOB Primovist MRI of the Day

60才 女性 C型肝硬変、AFP112ng/ml と上昇で精査
US上SOL指摘された。
CTではHCC不明瞭。
USでSOLを指摘されたので一応、EOBプリモビストMRIまで進み見ました。

ダイナミックは、27,40, 60, 180秒(上から画像順)
肝細胞相は、5,10、20分(画像順)

さて、診断は?

27秒
ser801img00015.jpg

40秒
ser802img00015.jpg

60秒
ser803img00015.jpg

180秒
ser804img00015.jpg

5分
ser009img00015.jpg

10分
ser010img00015.jpg


20分
ser014img00015.jpg

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

診断: APシャント

APシャントは当たり前ですが、肝細胞相では抜けません。

180秒をとっている頃の症例ですので、
180秒では、微妙に肝静脈の濃染が抜けてきています。

肝細胞相は、5分、10分ではあまり差がない印象ですが、
20分のところではやはり、脾臓と肝とのコントラストがついています。
肝硬変では20分が必要ですね。
あ、ちなみにこのころは、15分の肝細胞相は撮像していない頃です。


by Ichiro

Key word: EOB Primovist MRI, EOBプリモビストMRI、ダイナミック、APシャント、肝細胞相、C型肝硬変

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

今日もEOBプリモビストではなく、産婦人科症例です。Ginecology case

今日もEOBプリモビストではなく、産婦人科症例 Ginecology case です。

18歳女性



従来であれば、ヒステロサルピンゴグラフィ(子宮卵管造影)(下図)という
非常に侵襲性の高い検査にて診断が行われていたのが
全く侵襲性なくMRIで診断できるようになったことは
非常に患者様にとって素晴らしいことです。
特にこのような奇形を有する患者様は若年者であることが多いため
MRIの正確で無侵襲な診断手法は重要です。

診断:完全重複子宮:本症例は、MRIにて子宮、膣まで完全に
重複していることがわかります。

20年以上も前の別の患者様の子宮卵管造影の症例
Dudelphis slide 他の患者様の例

今も、不妊治療で行うことがありますが、めっきり頻度は減りました。
とても痛そうです。

by Ichiro

Key word: 重複子宮、MRI、ヒステロサルピンゴグラフィ(子宮卵管造影)

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

本日は、EOBプリモビストMRIではなく、LKケモ著効例です。

本日は、EOBプリモビストMRIではなく、LKケモ著効例です。

53才女性
T4N2M0 Stage IIIb
LK adenocarcinoma (肺腺癌)
CEAのマックスは、26。

今日は、イレッサ(ゲフィチニブ)が非常に著効してほぼ胸膜播種が消失した症例

ser003img00025.jpg

イレッサ(ゲフィチニブ)
投与1か月後

ser003img00016.jpg

ここまで効いてくれるとうれしいですね。


ここでイレッサ(ゲフィチニブ)復習
 
2006年現在イレッサを承認している国は、日本を含めたアジア諸国、
およびオーストラリア、メキシコ、アルゼンチンで、欧米では承認取り消し。
代謝は肝臓で86%糞中排泄、4%が尿中排泄

非小細胞肺癌に対して、イレッサ(ゲフィチニブ)は約10 - 20%の患者に腫瘍縮小効果を示す。
東洋人、女性、非喫煙者、腺癌ではイレッサ(ゲフィチニブ)が腫瘍縮小効果を示す割合が高
い。アジア人、非喫煙者に対してはイレッサ(ゲフィチニブ)はプラセボと比較して
有意に生存期間を延長させた。

肺障害について
投与後4週間以内に発症しやすい。
日本において、イレッサ(ゲフィチニブ)投与後8週間以内の急性肺障害・間質性肺炎
の発症率は約5.8%(193例/3322例)、それによる死亡率は2.3%(75例/3322例)
PS (performance status) 2以上、
喫煙歴のある人、
すでに間質性肺炎を合併している人、
化学療法を受けたことのある人、では肺障害がおこりやすい

などです。
以上の説明は、Wikipedia

イレッサのウィキペディア説明はここをクリック

を参照しています。

by Ichiro

今日は、EOBプリモビストMRIではなく、急性腹症です。

今日は、EOBプリモビストMRIではなく

急性腹症です。

症例:10才男性

2006年4月下旬より水様性下痢持続
5月2日近医受診
止痢剤投与受けた
いったん軽快も
5月7日より 腹痛増悪
5月9日  当院受診
CT上巨大膿瘍形成

CTscout select
ser003img00052.jpg
ser602img00014.jpg

CTスカウトで巨大な腫瘤が骨盤腔にみられます。
横断象にて巨大な空気-液面形成を呈する被包化された
膿瘍を強く疑う腫瘤がみられます。
虫垂はやや同定しにくいですが、
冠状断像をみると
虫垂石を疑う高吸収域が右下腹部に存在します。

///////////
//////////
////////
///////
/////
///
//
/


急性虫垂炎穿孔→腹腔内膿瘍形成
でした。

私がかつて研修医をしていた頃は
下痢といえば、虫垂炎の可能性が低い臨床所見
と教え込まれてきましたが、
腹膜刺激症状が出てくれば
下痢が出現してきますね。
ですから、下痢があるからといって
いきなり虫垂炎を否定するのは危険です。
2-3日継続している下痢は
初診時に
なにかただならぬことが起こっている
と考えるべきでしたね。


今日はここまでです。

by Ichiro

私は急性腹症の画像診断には興味がなく
EOBプリモビストについて知りたいという先生は

EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら


今日のEOBプリモビストMRI EOB Primovist of the Day.

今日のEOBプリモビストMRI  
EOB Primovist MRI of the Day.


はい。今日は、メールマガジン読者の先生からの質問と
お送りいただいた画像でお話しします。

質問:

症例は、50才の男性

LCが強く regenerative noduleが非常に多数ある症例で、
肝細胞相で均一な高信号にならず(肝実質濃染不良)、
非常に見づらい不均一な肝細胞相になってしまった事がありました。

この症例では 肝細胞相でのHCCの抜けを 検出しづらかったのですが、
肝細胞相を20分以外にも 撮像した方がよいのでしょうか?

ちなみにEOBプリモビストは、1ml/秒 生理食塩水追加17mlです。
心機能は正常で
肝機能は、Child 分類のCです。

その画像はこちら。
T2WI, dynamic early 2相(20秒、50秒)、肝細胞相20分 のご呈示です。

T2WI select1
Dynamic image early select
Dynamic second 1
liver specific phase select1

肝細胞相 腎レベル



答え:

ちなみに肝硬変でも肝がEOBプリモビストを十分取り込むと

blog up case LC肝細胞相の取り込みのいい例

のようになるはずです。

肝細胞相で十分EOBプリモビストが取り込まれたと判断する材料は
肝と脾臓とのコントラストですが、

本症例ではそれが全くなしです。
肝と脾臓が全く同程度の低信号なのです。
腎のレベルで腎盂内に造影剤は
排泄されていますが、胆道系への排泄は全くないようです。

このような症例においては
実際は、何分まで撮像したら終わりかというデータはありませんが、
おそらく20分以降も撮像しても腎臓から出て行くばかりと思われます。

Child Cですし、傍臍静脈の拡張もひどく、門脈血流も遠肝性なので
肝臓への血流ほとんどこないし、EOBの集積も不良となります。
LCがひどい場合は、肝からの排泄は6%程度ともいわれます。

ですから、このような症例は肝細胞相での
HCCが隠れてしまうピットフォールの画像となり得ます。
従って、多血性肝癌を見つけるためには
ちまなこになって、動脈相でHCCを発見することが重要となります。

こういう症例は、読影の順番は、肝細胞相からではなく、
ダイナミック早期相ですね。

by Ichiro

わかったから、EOBプリモビストの使い方とか教えてくれよ
という先生方は、こちら。

EOBプリモビストMRIについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビストMRI撮像法の動画解説はこちら


テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

甲状腺って、、、、  むつかしい、、、

今日は、EOBプリモビストではなく、頭頸部(うーん苦手領域かなあ)


65才、女性

高血圧にて経過観察中。甲状腺エコーにて左葉に内部不均一な腫瘤指摘。


USselect2.jpg
USselect1_20080806185206.jpg


FNB=fine needle biopsy=吸引針生検にて
○○がでてしまい。

CTをとって

Plain CT select1
E CT select1
Plain CT select2

手術となりました。

CTが何とも非常に非特異的な低吸収域結節で
下方に石灰化あり、浸潤傾向もなし。

はたして、これをCTから
プロスペクティブに甲状腺Ca.といえるのでしょうか?

手術標本はこちら

Macro select2

答えは、

甲状腺乳頭癌です。

CT上このような非特異的な低吸収域結節は
かなりの頻度で偶然見つけますから、、、

外科の先生は、CTによる鑑別診断はいいと
おっしゃってくださっていてややほっとしますが
偶発的にCTで見つかったときは
一応、甲状腺結節があるのでUS等と
対比することをお願いします。と報告書には書いています。

ただし、静脈は術中傷つけるとかなり裂けるらしく
そうなると修復は難しいので
動脈や気管への浸潤よりは
静脈浸潤をよく見てほしいことをおっしゃっていました。


今日はここまで

by Ichiro


私は甲状腺の画像診断には興味がなく
EOBプリモビストについて知りたいという先生は

EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら


今日のEOBプリモビストMRI EOB Primovist case of the Day.

今日のEOBプリモビストMRI
EOB Primovist case of the Day


65M

2ml/s 生理食塩水フラッシュ20ml と少量の頃の症例です。

撮像タイミングは、21秒後、動脈相2相撮像
以後、60秒、180秒(Ichikawa Dr.とのインタビュー前のため)

典型的なHCCの症例
今日は動画でアップしました。



あまり手をこると、ブログを続けられなくなるので
ブログは、基本的には静止画で加工はしません。
今日は、特別です。

ダイナミック造影のタイミングとしては、
1相目は、PVがまだ、濃染していなくて
タイミングとしては早い印象ですが、
HCCは、むしろこのタイミングで濃染し、
後期動脈相は、すでにwash out が始まっています。

拡散B=1000 でかなり高信号のHCCです。
そのおかげでドーム下にも関わらず
強い高信号で明瞭に認識できます。

Produced by Ichiro


EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら

今日のEOBプリモビスト

今日のEOBプリモビスト EOB Primovist of the Day

70才、男性 MK術前のCT検査にて肝S4にSOLを指摘された。

70M MK liver mets
70MK CT
ser006img00003.jpg
ser006img00006.jpg
ser904img00009.jpg
ser902img00016.jpg

liver specific phase 78M 1
liver specific phase 78M 2
ser1701img00051.jpg
ser1702img00060.jpg


まだ、Dr.Ichikawa とのインタビュー前で手探り状態での撮像の頃の症例です。

Dynamic は、2ml/s で生理食塩水フラッシュは20ml程度のころ
撮像タイミングは、20s, 40s, 60s, 180s, 5min, 10min, 20min でした。

それでも、肝メタには威力を発揮しますね。
また、LAVAの薄切りおよびその再構成像には驚嘆したものです。

画像は、上から
造影CT門脈相2枚
拡散強調B=50 2枚 B=1000ではやや不明瞭でした。
ドーム下病変 ダイナミック造影180秒
S4病変 ダイナミック造影 40秒
肝細胞相横断像20min
同矢状断20min S8ドーム下病変 →再構成で明瞭にとらえられます。
同冠状断20min S4

by Ichiro


EOBプリモビストについてのエキスパートとのインタビューはこちら

EOBプリモビスト撮像法の動画解説はこちら




今日の急性腹症、Acute abdomen of the Day

今日のEOB プリモビストは、お休みで。

本日は、本来ならお休みなんですが、
夏休みで
今週はほとんどブログを書いていなかったので
急性腹症の古い症例を
お詫びに
アップします。

単純写真が印象的です。

Plain abdomen

Plain CT

48歳
男性

臍ヘルニア
の症例です。

かなり古ーい症例でして
詳細はわかりません。
すいません。



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

ついにYahooの検索で一位になりました。

プリモビスト、EOBプリモビスト、プリモビストMRI

のいずれの検索ワードでもYahoo Japan の検索
で私のページが一位
となりました。その証拠ビデオがこれです。
興味のない方は、見ないで飛ばしてください。



そのページとは、私と市川先生との
音声対談をご紹介させていただき
私のメールマガジン(メールインフォメーション)
に登録するというページです。

もし、ご興味があれば、
登録してみてください。
解除したければ、いつでも
解除できますので
気楽に登録してみてください。

そのページは、こちら

です。

また、CT, MRIについての読影支援サイトでは、動画による解説もありますよ。
にも行ってみてください。

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

画像診断プロモーター イチロー

Author:画像診断プロモーター イチロー
放射線専門医
プリモビストの秘訣を無料で盗みたい方は、こちらから
市川先生との単独インタビュー

このブログは、臨床で活躍されている放射線医師、画像診断医、臨床医、診療放射線技師の方々のために、CTとMRIを中心としたあらゆる情報を共有することを目的としています。最近発売になって話題となっているEOBプリモビスト情報を主体に肝臓のMRI,CT、乳腺画像診断(MR mammography およびmammography)、急性腹症、頭部CT,MRI等その日に経験したホットな話題を提供していきます。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's EOB (10)
Today's Acute abdomen (14)
インターネット (1)
頭頸部 (2)
Lung CT (5)
乳腺 (12)
Ginecology 産婦人科 CT MRI (1)
Chest MRI (1)
頭部MRI BrainMRI (1)
RI image (2)
消化管系:CT, MRI、注腸 (1)
Abdominal CT 腹部CT (3)
つれずれ (3)
術後合併症 (0)
術後CT, MRI (1)
文献 (4)
若い臨床医のコンサル (1)
Skeletal (2)
肝・胆・膵 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。