2013-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝硬変患者においてEOBの肝細胞相で指摘されるどういう結節が多血化するのか?

駅前のドトールより 

 from 画像診断プロモーター イチロウ


1.肝硬変患者においてEOBの肝細胞相で指摘されるどういう結節が多血化するのか?

2. えっ人間ドックが●●万円???

   親孝行といってもヤルすぎ?

早速行ってみましょう。

1. これだけEOBが普通の検査になってしまったので
最近ではあまり反応もしなくなってしまった自分が怖いです。

  しかし、初心にかえって
  本日は、論文書きのスペシャリスト集団 川崎医大の先生 の論文です

  EOBを読んでいてというか 診療していて 
  肝細胞相で指摘されていて、乏血性の結節の どんなタイプのものが
  多血化しやすいのか?

  というのは興味深い話です。

  「肝細胞相で低信号にみえるのは全て癌である」
  との名言を 市川先生が残されて早4年以上経過しています。

  100%ではないものの限りなく高い確率で癌であると
  考えられています。

  ただ、癌といってもすぐに治療すべきか否かは
  わかりませんし、多血化しやすいのかどうかも
  わかりません。

  以前も言いましたように 背景肝の多血化率と
  肝細胞相低信号結節からの多血化率は ほとんど差がないという 
  札幌厚生病院の坂井先生、東大の赤井先生の論文を
  紹介させていただいた気もします。していなかったかも

  でも、せっかく見つかった低信号結節なのですから
  どれかに重み付けをしてフォローしたいあるいは
  積極的治療していきたいものです。

  その点に注目したのが 川崎偉大 いえ 医大の

  Higaki A, Ito K, Tamada T, et al.

  High-risk nodules detected in the hepatobiliary phase of Gd-EOB-DTPA-enhanced mr imaging in cirrhosis or chronic hepatitis: Incidence and predictive factors for hypervascular transformation, preliminary results.
J Magn Reson Imaging. 2012 Nov 21 [Epub ahead of print]

の論文です。

  時間がないので手短に話すと
  ダイナミック造影MRIで乏血性で、肝細胞相で低信号 の76個の
  多血化するまえの肝癌 が強く疑われる76結節(43人)

  の多血化する結節と しない結節の 最初の段階で
  何らかの結節性状に差があるのか? ということを
  スタディしたものです。

  結論的には 増大スピード、脂肪の有無、T1強調像での高信号
  が将来の多血化と相関していた

  というものです。

  これに関連して エーザイさんの出されている
  第17回肝血流イメージ研究会 記録集で

  Gd-EOB-DTPA 低信号非多血化結節の経過 というのを
  研究会での発表者に演題として提出いただいているのですが

  それを久留米大学医療センター消化器内科の田中正俊先生が
  p9 に表にまとめられています。
  これでは、論文によって多血化する因子がいくつもあるのですが

  多かったのは、腫瘍径 が すべての論文で言われています。
  川崎医大の論文の様に腫瘍の成長速度との関連性を言っている論文も
2/6論文 で言われてます。

  やはり、肝細胞相で低信号結節として見つかった場合
  大きい結節 これはやはり10-15mm としたほうがいいのでしょう
  成長速度が速いこと(これも諸説あるのではっきりした時間は定まってませんが)

  が重要で今回の論文ではさらに
  見つかったとき脂肪を含有 あるいはT1強調像で高信号(必ずしも脂肪で高信号に
  なっているとはいえません)
  の結節は注意したほうがいいのですね。

  
 2.えっ人間ドックが●●万円???

  先日、セミナー(私が修行していた月一回のセミナー)
  で知り合った知人から
  かなり彼は自分のセミナー事業がうまくいっていて
  (どうやらかなり儲かっているようで)

  どうやらそろそろ両親に恩返しをしたいらしくて
  人間ドックをプレゼントしようとしていた

  私が医者であることを知っていて
  どこがいいかを 聞いてきた

  人間ドックには全く興味がなかったが

  彼が提示した5つの人間ドックを吟味して
  一つの人間ドックに絞った
 
  その人間ドックは東京ミッドタウンにある
  人間ドックで スタンダードなコースは10万円程度
  とまあ、結構盛りだくさんでやってくれて
  この値段なら いいか という値段

  他に彼が提示したドックには35万とか45万と
  バカ高くて内容にあまり差がなかったので
  ミッドタウンの方をおすすめしたのだが

  このミッドタウンの人間ドック商品の中に
  実は

  スーパーミッドタウンドック+バイオフィジカル250
  という商品があり

  その値段はなんと 808,500円!

  というもう完全にわけのわからない料金設定があった
  ひえーー こんな商品があるということは
  やはり購入するお金持ちがいるんだ とビックリ仰天
  
  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=BlXOb5DE9JI

  さて、先生ならどこまで自分の体にお金を出せますか?

  以上 イチロウでした。


  
  
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

画像診断プロモーター イチロー

Author:画像診断プロモーター イチロー
放射線専門医
プリモビストの秘訣を無料で盗みたい方は、こちらから
市川先生との単独インタビュー

このブログは、臨床で活躍されている放射線医師、画像診断医、臨床医、診療放射線技師の方々のために、CTとMRIを中心としたあらゆる情報を共有することを目的としています。最近発売になって話題となっているEOBプリモビスト情報を主体に肝臓のMRI,CT、乳腺画像診断(MR mammography およびmammography)、急性腹症、頭部CT,MRI等その日に経験したホットな話題を提供していきます。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's EOB (10)
Today's Acute abdomen (14)
インターネット (1)
頭頸部 (2)
Lung CT (5)
乳腺 (12)
Ginecology 産婦人科 CT MRI (1)
Chest MRI (1)
頭部MRI BrainMRI (1)
RI image (2)
消化管系:CT, MRI、注腸 (1)
Abdominal CT 腹部CT (3)
つれずれ (3)
術後合併症 (0)
術後CT, MRI (1)
文献 (4)
若い臨床医のコンサル (1)
Skeletal (2)
肝・胆・膵 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。