2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バケツ柄断裂を自信?持って診断する方法

駅前のドトールより

From イチロウ

2/22 緊急アンケート!

1.バケツ柄断裂を自信持って?診断する方法
2. 肩関節MRI緊急アンケートに回答をお願いできればと思います

1.今日は、骨軟部画像診断に興味のない先生は見ない方が
いいでしょう。時間の無駄ですから。

早速言ってみましょう!
先日当院に週一回バイトで来ている若手専門医
の先生から質問が来きました

バケツ柄断裂でしょうか?
そうだと思うよ

と答えた私もやや自身がない
なぜなのか?

それは久しぶりに見るから
じゃあ、久しぶりにならないようにと
当院の5年間のバケツ柄損傷を
ピックアップしたところ10例近くが
ヒットしました

画像診断できたのはわずか
年間2例の頻度とは少ない・・・
さらに、手術例に至っては
(手術の確認ができたものは)
5年間でたった3例

整形外科医がいるとはいえ
膝専門家は一人もいない為
こんな状況になるようです

そこでついでながら知識をアップするために
佐志先生の師匠である
Helms (ヘルムス)先生が1998年に
AJRに掲載した(1998; 170: 57-61)

The absent bow tie sign in Bucket-handle tears of the menisci in the knee.を紹介します。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9423600

1998年の論文ですので古いには古いですが
Helms 先生の論文ですから・・・

この論文は absent bow tie signが
最もバケツ柄断裂の診断で信頼できるというもの
です。

32例、33個のバケツ柄断裂を検討した結果
レトロスペクティブとはいえ 97%の症例に
Absent bow tie sign があったと言うものです
1例はバケツ柄になるような変位がみられなかったようなので
それをバケツ柄断裂というのか?

と思ってしまいますが
とにもかくにも感度は高いようです

そもそもこのabsent bow tie sign とは
何なんでしょう

まずバケツ柄となるのは2つのステップが必要です
ステップ1:半月板に前後に長い弧状の亀裂が入ります
ステップ2: その亀裂の中央部分がめくれて中央に変位
して完成です

図に示すとこちらです クリックすると全部見えます
bucket handle tear shema


通常半月板の体部といって
前後で言う真ん中の部分は横の厚みが
9-12mm程度なんだそうです

MRIのスライス厚が4mm程度0.4mmgap
で撮影されていると
矢状断できると半月板はあたかも蝶ネクタイのように
見えるはずです

しかし、バケツ柄で断裂部より中央が
中央側に変位してしまうと
9-12mmあった厚みが薄くなり
蝶ネクタイの真ん中が分断されたようになります

これが”Absent bow tie sign”であり
97%という感度で認められます。
この論文では特異度は100%です。
図はこちら
absent bow tie sign

ちなみに外側半月板の正常部分は蝶ネクタイ状
が保たれています
外側半月板はbow tie がみられる


ちなみに冠状断で変位した半月板の断片
が見える確率はこの論文では64%
(fragment-in-notch signという)
図はこちら
fragment in notch sign


また、double PCL sign は有名ですが
たったの30% でした。
だだ、特異度は100%です。
見られた場合は使えるsign でしょうね
図はこちら
double PCL sign


さて、バケツ柄断裂を自信持って診断する方法
というタイトルを付けましたが、

その方法は、まず、自分の施設の
バケツ柄断裂を10例ほど集める
10例を上記サインがあるか確認してみる
(やはり自分でページングしながら確認することが必要でしょう)

そしてできれば
キー画像が添付された報告書をプリント、ファイルする
完了です

ファイルはいつでもその症例が来た時に見返せるように
しておき、皆で共有する です。

2. 肩関節MRI緊急アンケートに回答をお願いできればと思います

 肩関節MRIバージョン3.0 完成しましたが
 12個特典付けましたが、なんとなく、物足りない気がし来て
 佐志先生に今一度インタビューに行くことにしました

 なので、この機会にぜひ聞いてみたいことを
 アンケートでお答えいただけるとありがたいです

佐志先生緊急アンケート先はこちら

https://jp.surveymonkey.com/s/6ZBTFCQ


本当にお忙しい中恐縮ですが
よろしくお願い申し上げます
2/27日にアンケートは締切りです
なぜなら 3/1に佐志先生と会う約束をしているからです

以上イチロウでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medicaldirect.blog94.fc2.com/tb.php/141-a2999f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

画像診断プロモーター イチロー

Author:画像診断プロモーター イチロー
放射線専門医
プリモビストの秘訣を無料で盗みたい方は、こちらから
市川先生との単独インタビュー

このブログは、臨床で活躍されている放射線医師、画像診断医、臨床医、診療放射線技師の方々のために、CTとMRIを中心としたあらゆる情報を共有することを目的としています。最近発売になって話題となっているEOBプリモビスト情報を主体に肝臓のMRI,CT、乳腺画像診断(MR mammography およびmammography)、急性腹症、頭部CT,MRI等その日に経験したホットな話題を提供していきます。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's EOB (10)
Today's Acute abdomen (14)
インターネット (1)
頭頸部 (2)
Lung CT (5)
乳腺 (12)
Ginecology 産婦人科 CT MRI (1)
Chest MRI (1)
頭部MRI BrainMRI (1)
RI image (2)
消化管系:CT, MRI、注腸 (1)
Abdominal CT 腹部CT (3)
つれずれ (3)
術後合併症 (0)
術後CT, MRI (1)
文献 (4)
若い臨床医のコンサル (1)
Skeletal (2)
肝・胆・膵 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。