2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お困り症例 IVRの専門家の先生!助けてください。


51歳女性

初回のCTは、左腎にくさび状の濃染不良域を認め、腎梗塞を疑われ、

その経過観察中の超音波にて膵臓の腫瘤を指摘された。

というヒストリーです。

昨年、初発時のダイナミックCT動脈相、平衡相

2008年10月初回CTダイナミック早期相

2008年10月初回CTダイナミッ平衡相

経過観察の超音波にて膵鈎部腫瘤を指摘され、PK疑われて
MRCPがオーダーされた

まずは、静止画で 今年度3月のMRI とCTを提示します。

090310 MRCP FIESTA1

2009年3月10日MRI1

Diffusion1.jpgADC 1
MRCP single thick1
MRCP single thick2
MRCP T1FS 1

膵腫瘤の評価のためにダイナミックCTを施行したが、
動脈相にて、、、、

20090324 CT Dynamic arterial 1
20090324 CT Dynamic arterial 2
20090324 CT Dynamic arterial 3

さて、次のアプローチはいかようにするべきでしょうか?

①緊急血管造影
②診断目的に血管造影
③待機的IVR予定する
④経過観察
⑤手術

IVRのエキスパートの読者の先生いらっしゃったらご意見くださいませんでしょうか?














スポンサーサイト

コメント

経過観察,ステロイド治療?
IVRはいらないかと。
それはそうと画質が悪いです。

コメントされた先生!
画質が汚くて申し訳ありません。悪い点を教えていただけるとありがたいです。

診断はいかがですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://medicaldirect.blog94.fc2.com/tb.php/59-97489ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

画像診断プロモーター イチロー

Author:画像診断プロモーター イチロー
放射線専門医
プリモビストの秘訣を無料で盗みたい方は、こちらから
市川先生との単独インタビュー

このブログは、臨床で活躍されている放射線医師、画像診断医、臨床医、診療放射線技師の方々のために、CTとMRIを中心としたあらゆる情報を共有することを目的としています。最近発売になって話題となっているEOBプリモビスト情報を主体に肝臓のMRI,CT、乳腺画像診断(MR mammography およびmammography)、急性腹症、頭部CT,MRI等その日に経験したホットな話題を提供していきます。 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Today's EOB (10)
Today's Acute abdomen (14)
インターネット (1)
頭頸部 (2)
Lung CT (5)
乳腺 (12)
Ginecology 産婦人科 CT MRI (1)
Chest MRI (1)
頭部MRI BrainMRI (1)
RI image (2)
消化管系:CT, MRI、注腸 (1)
Abdominal CT 腹部CT (3)
つれずれ (3)
術後合併症 (0)
術後CT, MRI (1)
文献 (4)
若い臨床医のコンサル (1)
Skeletal (2)
肝・胆・膵 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。